高校で調理師免許を取得できる?カフェ就職にも有利な国家資格

確実に調理の国家資格を取得するなら調理専門の高校がおすすめ

高校で調理師免許を取得できる?カフェ就職にも有利な国家資格

調理器具

調理に関する知識を学ぶことができる高校

自分の将来の夢のためにフードやスイーツ、ドリンクの勉強をしたい方は、そのようなことをトータルで学ぶことのできる高校に通ってみてはいかがでしょうか。カフェ開業という大きな夢のために幅広い知識を身につけることができます。

資格取得も可能!

独立してカフェを開業するには、コーヒーを淹れること以外にも、調理を行う必要性が出てきます。その際に調理師免許が必要になってきますが、その調理師免許も調理専門の高校に通うことで取得することができます。

国家資格を取得しよう

調理師免許は国家資格のため、卒業後の就職でも有利になります。その調理師免許を取得できる高校についてQ&A方式で紹介するので、免許取得を目指す方は参考にしてみてください。

学校生活に関するQ&A

料理をしたことがなくても大丈夫なのか?

高校に入学してから初めて料理をするという方も多くいます。みんな元々は初心者です。しっかりと調理器具の取り扱い方や料理の基礎を学ぶことができるので、料理が上手くなりたいという方や興味のある方はどんどん腕が上がっていきます。

どんな実習があるのか?

調理に関する実習以外にも、コーヒーの淹れ方やデザート作りなど、カフェの経営に関する実習もあります。自分が将来やりたいことに合わせて資格取得や知識の習得を行うことができます。

先生はどんな方?

オーナーシェフやオーナーパティシエ、バリスタのインストラクターなど、さまざまな講師から指導を受けることができるため、現場で活躍するプロから即戦力になる知識を教えてもらうことができます。

実習に必要な道具は自分で用意するの?

実習に必要な調理器具は、入学の際に購入する形の学校が多いです。調理をする仕事では道具は大切にしなくてはいけません。自分の包丁ということでしっかりと管理を行うことができ、いつでも使える状態にすることでプロ意識を高めることができます。

調理師免許を取得するメリットとは?

調理師免許を取得することで、自分の習得した技術や知識を証明することができるため、就職でも有利に働きます。卒業後も自分の腕を磨くために、カフェやレストランで働きたいという方も就職先に困ることがないというメリットもあります。

広告募集中